肉離れ、股関節痛

18歳 高校野球投手

昨日右大腿部が肉離れ。3日前から左股関節痛。歩行も辛い。
早速検査から始める。骨盤の歪み。背骨から頚椎まで歪んでいる。
お母さんに歪みの現状を説明しながら確認してもらう。

体の歪みは運動時に無理を生じ故障の原因となる。
筋肉が両足ともピンと張っている。固い。

肉離れの施術を行い立って体重をかけ確認。
恐る恐る体重をかけている。痛くない。

股関節の痛みを取ってその場駆け足。

両足とも痛みなし。

1~2週間は練習できないと監督に言ってあるという。
それが、30分後には思い切り足を上げてその場駆け足しても大丈夫。

本人もお母さんもにっこり。

明日の試合出てもいいですか?
痛くないんだからどうぞ。

きちんと礼を言って爽やかな笑顔で帰られました。

 

※これはあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

右足の肉離れ

17歳  高校生  アメリカンフットボール

アメリカンフットボール部のキャプテン。
次週は甲子園ボウルということで連日の猛練習中
右足腓腹筋の肉離れ。

練習グランド近くの整形外科で装具で
固定され松葉杖をついて来院。
なれない松葉杖で顔をしかめて治療用ベットへ。


この家庭はおばあちゃん初めご両親も
自然形体療法の絶大な信奉者。(ありがたいことです)

すぐに装具を外し、自然形体療法の手法を選びながら施術。
腫れも3分の1くらいまで縮小。
痛みは残るが、装具も松葉杖も要らないほどになっている。

こうした場合その場で痛みが完全に取れなくても
翌朝にはすっかり取れることが多い。
自信・確信を持って施術を終わりました。

翌朝、早速おばあちゃんからの電話。
声を弾ませ丁重なお礼の言葉。
今日は普通どおり自転車で学校に行きました!とのこと。

肉離れがこんなに簡単によくなるのは、肉離れの
原因と臨床手法が確立されているからです。

 

※これはあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。