オスグッドなどスポーツ障害で来られる子供の姿勢

㊧初診時の仰臥姿勢。身体が全体に「く」の字になっています。
オスグッドの多くの子供に見られる姿です。 
これほどひどくなくても体幹の歪みはほぼ共通している現象の一つです。

㊨施術後の姿勢。筋肉の緊張が取れ真っすぐな身体に。
運動能力が向上します。睡眠の質もよくなり目覚めスッキリ。
元気を取り戻し、活発な精神状態になります。

 

 

オスグッドを始めスポーツ障害でくる子たちには 姿勢の悪さ、猫背姿勢が目につきます。

 

姿勢についてきちんとお教えしないと オスグッドばかりでなく他にも多くの問題が出てきます。

「姿勢」とは「姿」に「勢い」と書きます。

本当に勢いがなくなってきます。

なんとなく元気がない。不機嫌。不完全燃焼。

また体幹が歪んでいると自律神経機能に問題が発生します。

交感神経優位になると睡眠の質が悪くなり、疲労回復能力が落ちます。

練習で疲れた筋肉の疲労回復が十分にできないまま、翌日も練習、練習で明け暮れていますと

筋肉の過緊張・癒着が発生し、膝関節の動きに 影響を与えます。

筋肉の緊張は膝周辺組織、靭帯や腱にも緊張をもたらします。

 

その結果

膝関節の滑らかな動きが阻害され、オスグッドや半月板損傷に至ります。

本来持っている運動能力が阻害されて、瞬発力が衰え、動きが鈍ります。

各関節の可動域が制限される結果、これまで当たり前にできていた動きができなくなります。

不意の衝撃に対応できなくなり、捻挫や肉離れなどの結果を招きやすくなります。

 

もう一つ、大きな問題があります。

オスグッドの発症年齢はまさしく身体の成長期です。

体幹が歪んだまま成長しますと 大人にまで影響を持ち越します。

一生ものの問題を抱えることになります。

大切な成長期、真っ直ぐな体を作り定着させること。

そのための日々身体の手入れをする躾(しつけ)を徹底することです。

どこのスポーツチームに研修に行っても好きなスポー

ツに打ち込めるのは元気な体があるおかげです。

この大切な体を守るのは、お父さんお母さんではない!

自分しかない!と厳しく言い続けています。

 

オスグッドになったのは、災難でも運が悪いのでもない。

あなたに気づきを促す大きなプレゼントですともいいます。

好きな運動に打ち込める肉体細胞の営み、命の営みに感謝せず、傲慢に生きてきたあなたが軌

道修正する機会を与えられたということです。

自分の身体は今日から、感謝をこめて、使った後は、使う前の状態まで 戻しておきましょう。

これに要する時間は10分もかかりません。 単にオスグッドを治す、痛みをとる。

それでいいわけでは決してありません。

 

生まれてからわずかの期間の生活習慣の間違いが軌道修正を促してくれているのです。

日々の筋肉の手入れ、正しい姿勢の作り方、スポーツ障害にならない体つくりそれが

『自己療法』の役割です。

オスグッドなどスポーツ障害は必ず回復します。

自然形体療法による施術と自己療法についてご説明します。

全く痛くない安全・安心・無痛の施術と自己療法でオスグッドから卒業できます。  

■機械や器具を一切使いません。MCというシンプルな施術道具と手で行います。

■施術前にできなかったこと(正座・ジャンプ・走る・蹴る・階段の昇降・・)を実際にやってみて状態を確認し、痛みを解消していきます。痛みが取れない場合はその理由を説明し、回復までの期間回数を事実に基づいて説明します。

■施術の最初からできるだけご両親が立ち会ってください。  その目で現在の身体の状態をご確認下さい。  日常生活上の問題点の修正。生活習慣の修正にはご両親の理解と協力が必要です。

痛みさえ取れればそれでいいのではありません。 オスグッドになった  根本原因までさかのぼってチェックし、それを取り去ることで再発を防止します。

オスグッドによる膝の痛みだけではありません。全身の状態を整えます。    その結果運動能力や、集中力、身体能力まで向上します。

オスグットの原因を形成してきた生活習慣の点検・確認をし、具体的な  改善法を提案します。 さらに再発や故障が起きないために 「自己療法」を 実施しています。自己療法で体幹を 整えたうえで正しい姿勢の  作り方を覚えていただきます。

 

筋肉、靭帯、腱の損傷がひどい場合は、例えば、靭帯が損傷している場合は  朝晩1~2分の手入れを覚えて実践すれば完全回復までに要する日数  5日~7日です。