シンスプリントとは?

別名「脛骨過労性骨膜炎」(けいこつかろうせいこつまくえん)といい、
すねの内側に位置する脛骨下方1/3に痛みが起こります。

シンスプリントの原因と症状

走ったりジャンプをする動作で筋肉に常に負荷が掛かり過緊張の状態が続きます。
その状態(過緊張)が続くことにより、筋肉が骨に付着している周辺が引っ張られ
痛みが発生します。

例として
・ランニング時のフォームが悪い
・靴が足に合ってない
・筋肉の酷使
・練習でダッシュやジャンプを繰り返し行う
・精神的なプレッシャー
などが上げられます。

 

症状としては最初は運動時にすね周辺又はふくらはぎに鈍痛を感じます。次第に
悪化するにしたがい、押すと激痛が走り日常生活の動きの中で歩行やじっとして
いても痛みを感じるようになります。

痛みを我慢して練習をしていると疲労骨折を起こすことがあるので要注意です。

関西予防医術研究所の考え方

関西予防医術研究所ではシンスプリントの原因について自然形体療法創始者
故山田洋先生が考えられた理論に基づいて、手による優しい手法と、筋肉疲労の
解消や筋肉の癒着解消に著効のある簡易な施術道具のMC、MCCを使用して施術をします。
痛みがなぜ発生したのか原因は何か細かくお聞きしながら根本原因を解明、解消し、
最短での回復を目指しています。

もちろん痛みを伴うことは一切しません


そして、再発防止、ケガが無いしなやかな身体づくりが出来るように、練習前や
練習後に自分で行うケアの方法もご希望の方にはお教えしています。自分の身体は自分
で手入れをすること。これは、シンスプリントがよくなればいいということではなく、
シンスプリントになった原因そのものを正確に把握して、これを解消することを目的に
しています。

 

骨盤から背骨の歪み頸椎の歪みに至るまで自分できちんと整えること、そのうえで今の
痛みや不快な状態を自分でも解消できるようにお教えするのです。痛みが取れればそれで
いいという対症療法ではありません。

二度と再発することのない体つくり、スポーツ障害から無縁になって思い切り好きなスポーツを楽しめる体つくり、言葉を変えれば根本原因を解消する根本療法に徹しています。

質の良い睡眠をとり最高のパフォーマンスが出来るように回復力を高めるようになって
ください。

本気で直したい方を本気でお手伝いする施術所です