捻挫・足首の痛み

捻挫とは?

スポーツをしたり日常生活の中で転びそうになった時にバランスを整えようとして踏ん張った時に足首を捻じり挫いたケガを捻挫といいます。具体的には関節に可動範囲を超える負荷が掛かった時に骨と骨をつなぎ止める靭帯や軟部組織を損傷するケガのことです。

組織の損傷にによっては連動して軟部組織の腫れや熱感、皮下出血等の炎症が起きることがあります。


人間の身体は多くの関節で構成されているのでどの部位の関節でも捻挫を起こす可能性
があります。例えば首、肩、肘、手首、指、腰、股関節、膝などです。

腫れや熱感、皮下出血の程度と靭帯損傷の程度と重度のランクは比例することが多いので自己診断はせずにまずは専門医でX線写真を撮り骨折や関節のずれの有無を確認して下さい。

捻挫の原因

激しいスポーツをする前に十分ウォーミングアップをせずに運動を行うことにより、筋肉の柔軟性が無くなり、関節の動きも悪くなるのでバランスが崩れやすい状態になります。

また、日常生活の中でも自分の許容範囲以上の運動をした場合、筋肉や関節の動きがついてこないのでバランスを崩し捻挫の原因になります。

「軽い捻挫なのでシップをしておけばそのうちに良くなるだろう。」と思って軽くみていませんか。きちんと回復をしておかないと再度同じ場所を捻挫してしまうケースがあります。

他にも捻挫の足をかばっている間に膝や股関節、腰など全身に影響を及ぼすことになります。
軽く考えずにきちんと回復してから運動を始めてください。

関西予防医術研究所の考え方と施術

関西予防医術研究所では自然形体療法創始者故山田洋先生が考案された理論に基づいて捻挫の施術を行っています。

捻挫になるにはなるだけの原因があります。その原因をきちんと把握し、根本原因を解消した結果として、痛みが解消される独自の手法を駆使して施術をしていきます。

捻挫の部位別、症状別に施術法が体系化されていますので、その場で結果が出せます。

MCやMCCという自然形体療法独自の施術道具を使用することで、手だけでは解消できない症状を解決することも可能になりました。全く痛みの無い施術で即効性があり短期で回復します。あまりのやさしさに施術後「本当にこれで痛みが消失するのかと思いました」といわれる方が多くいらっしゃいます。

以前腰の施術に来られた方が駅の階段で足を踏み外し捻挫をして歩けないほどの痛々しい姿で来られました。施術をしている間、研修生に○○法を捻挫した部位に行ってもらいました。
施術が終わり歩いていただくと痛みが消失し普通に歩けるようになっています。


ご本人曰く「あれ、痛くないです!」とビックリ!!駅まで歩いて帰られたということもありました。我々が施術していても10数年来の捻挫の痛みがその場で解消するなど驚くことが沢山あります。

 

自己療法についてもそうです。
再発防止やスポーツをする時、最高のパフォーマンスが出来るようにご希望の方には自己療法が受講できるプログラムも準備しています。身体全体のバランスが良くなり筋肉の柔軟性がアップします。

筋肉や関節の動きが良くなるので「先日、自己療法を受講してから身体の調子がとっても良いです。走るスピードも速くなりました!」と報告して下さる方もいらっしゃいます。

回復はもちろんですが、その後またケガを繰り返さない身体づくりを毎日自分ですることは大切なことです。

自分の身体と向き合い使ったらその日のうちに手入れをしてバランスの良い身体づくりをして下さい。