有痛性外頸骨・足の内側の痛み

有痛性外脛骨とは?

外脛骨とは「舟状骨(しゅうじょうこつ)の内側にある過剰骨(本来存在しない余分な骨)で約15%の人にみられます」と一般的には説明されます。

 

多くはこの外脛骨に隆起がみられるだけですが、痛みがある場合に「有痛性外脛骨」といわれます。この隆起について自然形体療法では有痛性外脛骨の隆起は筋肉の過緊張状態・癒着が尖っている状態だと考えています。結果、外頸骨が引っ張られ膨隆する。

有痛性外脛骨の症状

10歳~15歳くらいまでの年齢で多く起きているスポーツ障害の1つです。
また、成人でも起こる事があります。

  • 運動している最中や運動終了後に痛みがでます。
  • 成人の場合は立ち仕事の後に痛みが出ます。
  • 最初は痛みが少なかったが無理をして使っている間に痛みが強くなり激痛で歩行困難になる方もいます。
  • 外頸骨部分を押すと痛い=圧痛があります。

有痛性外脛骨の原因

まだ身体が発達していない頃からジャンプやダッシュなど激しいスポーツを行うことで起こる可能性が高いです。もちろん全員がなる訳ではありません。

激しい動きに耐えられない身体の状態が問題なのです。多くの人に共通するのは身体の歪みです。骨盤や背骨、頚椎に歪みが見られる方がほとんどです。

身体に歪みのない自然体であれば余分な力を入れなくても体を支えられ、運動時にも余分な力が要りません。それが歪みのある不自然体ですと常に身体は力を入れて支えることが必要になります。

もちろん運動時には余分な力と緊張が必要になります。この緊張が蓄積されて筋繊維の癒着や関節の動きが制限されるということになります。

捻挫の後に「有痛性外脛骨」を発症することがありますが、捻挫はこうした不自然体の結果引き起こされる現象です。

他には偏平足の場合、激しい運動をしなくても日常生活の動きだけで外脛骨付近の筋肉の疲労が蓄積して「有痛性外脛骨」に至る方もあります。

関西予防医術研究所の考え方・施術について

自然形体療法創始者山田洋先生によって確立された有痛性外脛骨の施術法ですが、創始者は次のように解説されています。

①「脛骨の内側の疲労が、内踝の下の外脛骨に至り痛みとともに、炎症となり、三種の痛みが    混合して発現することもあります。

②治療の手順は膝の内側から内踝に至り、外脛骨周辺の疲労を取って最終的に外脛骨付近の剥    離を解消していくことになります」

この考え方がベースになります。そこから個別症状に対応するよう施術手順を構成しています。


関西予防医術研究所では創始者の施術法を忠実に再現しながら根本原因を解消していきます。

有痛性外脛骨にはMC、MCCという独自の施術道具を使い、筋肉の癒着解消、過緊張解消をして、深い部分の問題点を改善します。

このMC,というシリコン製の施術道具、3度特許申請しても特許されず、創始者が特許庁に出向き審査官に実際に使って見せたところすぐに特許されたという逸話がある優れものです。

 


痛みが出るには出るだけの原因が身体の中に隠れています。有痛性外脛骨も例外ではありません。日常生活の中での身体の使い方や姿勢の悪さも影響があります。

動かしたときの痛みの解消や足首に掛かった負担の調整もします。

1つ1つ原因を解消して根本原因を探っていきます。
そして根本原因と痛みを解消して、おもいっきり大好きなスポーツをしたり日常生活が送れるよう適切、最短の施術で回復に導いていきます。

施術は痛みがないソフトな施術なので眠ってしまう方もいるくらいですので安心して関西予防(京都・滋賀)へお越し下さい。

痛みを我慢していると悪化するのはもちろん膝や股関節にも影響が出てきます。
痛みは身体の危険信号です。赤信号は止まれです。身体の信号に従って早期の施術をお勧めします。

    
同時に自分の身体は自分で手入れする。即ち、骨盤、背骨、頚椎まで自分で真っ直ぐにして生活する。実は1~2分でできる方法をお教えしています。

そして、練習前後の手入れ法、片足2分で驚くほど足が軽くなります。足首を柔らかくする。偏平足を治す。外脛骨の痛みをとる。みな自分でできるのです。

もう一度言います。自分の体は自分で手入れする。そしてスポーツ障害と無縁の道を歩んでください。お父さんお母さんに心配させない。これが好きなスポーツをする条件だと考えています。